top of page

これが私の仕事

機械設備工事(衛生・空調)の現場監督

私が担当している仕事は、機械設備工事の現場監督です。皆さんが建物で普段何気なく使っている水道や、空調(エアコン等)は目に見える物だけではなく、その裏や天井の中、または床下にたくさんの配管があります。その配管は建物中をめぐって様々なところに行き渡っています。そういったシステムを作り上げるために、図面を作成し、材料を手配したり、職人さんに指示を行うのが現場監督です。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

試運転時に初めて水や、空気を流した時の達成感

図面を書いている途中に、「本当にここは上手く納まるだろうか?」・「問題なく動くだろうか?」というところがあります。たくさん悩んで、時には仲間や職人さんに相談をします。
そうやって色んな知恵を集めて現場を納めていきます。たくさん悩んだものが実際に動くようになると「上手くいったぞ!」という実感がわきます。そして、建物の設備システムが動いていくと充実感に満たされます。
ここが現場監督の仕事としての一番嬉しいところです。ただ納めるのだけではなく、どうやったら快適なシステムになるか?、より良いものになって行くのかを考えるのもこの仕事の醍醐味です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き

千葉県のインフラを支える会社だということ

京葉工管には千葉県のインフラを支えているという自負があったので選びました。
実際に入社してみると色んなところで人々の生活の基盤を支えていると感じました。あなたが知らないところで使っている水道や、空調は京葉工管が作ったものかもしれません。

先輩からの就職活動アドバイス!

社会にはたくさんの会社があるので戸惑うことも多いと思いますが、同じような会社では何が違うのかをよく研究してみてください。その会社の強み、社風や働きやすさをできるだけ自分で入手して感じてみてください。

麻生大司
nc183579.png

麻生大司

設備部 設計積算G

35歳

bottom of page